斎場を探すには

斎場は遺体安置もできる?

斎場は遺体安置もできる? 身内で不幸があった場合なおは直ぐに葬儀業者に連絡し、葬儀の準備を進める必要があります。ただし亡くなって数日内に通夜や告別式を行えればよいですが、場合によっては葬儀までに日数があいてしまう場合も多いです。火葬場は数が限りがあり、葬儀の件数によっては火葬場の予約が取れない場合も多いです。その場合は火葬場の予約が取れる日まで、葬儀自体も日数をずらして待つ必要があります。その際に気になるのが故人の遺体ですが、自宅に置いておくにも限界はあります。冬場であっても2日から3日程度が限界であり、夏場であればより短い時間となり別の遺体安置が必要です。利用する斎場には基本的に遺体を安置するための施設があります。そのため葬儀が行われるまで保管しておくことができ、遺族はいつでも面会できるようになっています。斎場ではなく民間の遺体安置所を利用する事も可能ですが、日数2日から3日程度と短い日数が基本です。葬儀を行う斎場にお願いするのが、一般的であり安心できる方法となります。

安置室を利用するメリット

安置室を利用するメリット 人は亡くなった際に残された遺族が葬儀を行ってくれますが、場合によっては直ぐ葬儀を行うのが難しい場合も多くあります。季節などにかかわらず葬儀が直ぐ行えない状況の1つとして、火葬場が混んでいるという事が多いです。火葬場は場所が限られており、順番に予約を取る必要があります。そのため予約が多い場合は亡くなっても、予約が取れる日まで待つことが必要です。その際は故人のご遺体を安置しておく場所が必要であり、その場所に斎場の安置室を利用することが重要となります。葬儀の際は自宅に遺体を安置してく事も出来ますが、季節によって長く自宅に安置しておくことは難しいです。特に夏場などは遺体の腐敗を防ぐために、温度管理がされている安置室の利用が必須となります。斎場であれば様々な状況を想定しており、しっかり専門の場所を用意されています。葬式を行うまでの間の安置場所として、斎場利用は有効的な方法であり重要な場所の1つとなります。

新着情報

◎2023/9/22

情報を更新しました。
>斎場では無料の生前葬相談を行っています!
>手すりやスロープが設置されているか斎場選びの際に確認を
>斎場は高齢者に配慮したつくりのところを選ぼう
>斎場と霊園が提携しているところが便利です
>斎場は家族葬や直葬に配慮しコンパクトな会場も用意

◎2022/11/16

情報を更新しました。
>奈良市の新しい斎場の建築用地購入をめぐる民事訴訟事件
>身体障害者も利用しやすいバリアフリー設計の斎場
>斎場の建設にあたっては住民反対運動が発生することも
>コンパクトな斎場で執り行える家族葬について
>斎場までは送迎バスが出ていることが多くなっている

◎2022/1/17

情報を更新しました。
>葬儀の際、公営の斎場は便利で費用も明朗です
>時間と費用を抑えられる火葬場が併設された斎場
>斎場は駐車場がある場所を利用すると安心できる
>設備の整った斎場のメリットと選ぶ際のポイント
>斎場までの交通アクセスを参列者に伝える重要性

◎2021/6/23

持ち込み不可能なもの
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

斎場は控室も重要
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「斎場 安置」
に関連するツイート
Twitter

また、ご自宅安置の場合は葬儀社スタッフが毎日ドライアイスを交換に伺います。通夜や告別式を行う場合は斎場安置所を利用するケースもあります。遺体の運搬や安置の費用は、サービスの内容や距離によって異なりますが、平均的には10万円から20万円程度かかると考えられます。

返信先:それも宗派によって儀式やらなんやら入りますよ。 何もやりたくないなら直葬が一番です。 要は、遺体安置だけ斎場に頼んで出棺と火葬だけ頼めば良いのです。 只、埋葬許可の問題が出て来るので、どこかの宗派に入ってるか墓を持ってるか否かで事情は変わって来ると思います。

生前の父の希望で家の仏間に安置してからの、希望の斎場で通夜と葬式でしたが、 通夜が終わった夜にとっとと昇天しました。   最速レベル。まだ葬式もはじまってないわ! あんたの希望の通りにしてるのに、もうちょっと待ってくれてもよかったのでは!!!

認されるとご遺体を搬送し、ご自宅や斎場安置します。 その後納棺を行うまでが初日のおおよその流れです。 一般的には、2日目にはお通夜を執り行い、3日目に告別式や火葬を行います。 この間、喪家はご遺体の管理や役所での手続き、お通夜・告別式の準備などで慌ただしく過ごすことになるでしょう。

亡くなってから火葬までの平均日数は? 医師から死亡判定を受けてご臨終が確認されるとご遺体を搬送し、ご自宅や斎場安置します。 その後納棺を行うまでが初日のおおよその流れです。 一般的には、2日目にはお通夜を執り行い、3日目に告別式や火葬を行います。 この間、喪家はご遺体の管理や役所で