斎場を探すには

このサイトでは斎場の決め方について解説しています。
近年では家族葬をはじめとする小規模な葬儀が増えており、それに伴って小さな会場を選択する方も増加傾向にあります。それぞれの事情に合わせて規模やプランを選ぶことになります。価格もそれぞれ全く異なっているので、選択次第で負担が大きく変わります。故人のためにも遺族のためにも、適切なプランを選ぶことが大切であり、このサイトを読むことでじっくりと確認することが出来ます。

斎場の規模やプラン選び

斎場の規模やプラン選び 斎場はそれぞれの都道府県にいくつかずつあります。
一般的には人口の多いところほど会場の数が多く、過疎地域ではなかなか会場が見つからないこともあるので注意が必要です。斎場ごとに規模やプランに違いがあり、どこを選ぶのかが重要となります。斎場に遺体を安置できるかどうかを心配している方もいるかもしれませんが、このサイトにはそういった情報も掲載しています。一般的な斎場には控室も用意されており、そこで選ぶ方も少なくありません。決め方は人それぞれですが、後悔のないようにすることが大切です。故人の遺志が明白に残されている場合、そちらに合わせることも重要となります。すべての方にとって満足できる斎場選びを目指しましょう。

よい斎場の条件

よい斎場の条件 いよいよ病状が悪くてお迎えが近いかもしれないという時、準備をしたくない気持ちはありつつも、斎場のことを考えなければなりません。場合によってはある日突然事故に遭い、何の準備もしていないのに葬儀を行うこともあり得ます。
そんな時は慌てて決めるしかなく、後で後悔する人も少なくありません。後悔をしないためにも、あらかじめある程度のことは理解し、斎場に目星を付けておくことも必要です。良い斎場の探し方は、まずはスタッフの質がいいことがあげられます。仕事ぶりと品位の良さは重要で、話し方や雰囲気もチェックします。身だしなみが整い、清潔感があることは必須条件です。
かかる費用も各社を比較検討して決めます。サイトを見ただけではわからないこともあるので、電話で必ず確認しましょう。その際にスタッフの対応力や人柄を感じることが大切です。各社の葬儀プランの内容と費用を詳しく知るためには、こちらの要望を伝えて見積もりを作ってもらうのが1番です。同じ条件・要望を伝えることで、各社の比較がしやすくなります。よい斎場の探し方は、評判のいいところや感じのよいコミュニケーションが取れるところ、そして魅力的な葬儀プランのあるところです。

葬儀の際、公営の斎場は便利で費用も明朗です

葬儀というものは必ずしも前もって色々と準備ができるものではありません。家族の死というものは往々にして突然訪れるものであり、悲しみにくれる家族がその中で準備しなければならないのが葬儀です。現在では、自宅で葬儀を行う家族は非常に少なくなり殆どの家族が寺院や斎場を借りて葬儀を行っていると思います。 葬儀を行う場所にはいくつかの選択肢があると思いますが、その中でも公営の斎場は設備も充実しており、費用も明朗で安心して葬儀を行うことが出来る場所になります。自治体などが運営する斎場の多くは火葬場や葬祭を行う部屋、飲食や振る舞いのできる待合室など充実した設備を備えた上にリーズナブルな費用で使用することができます。多くの施設が交通の便も良い場所に立地しており葬儀に参列して頂く方々にとっても便利な場所になります。 施設で働く従業員の方々も経験豊富で親切に対応していただけることが多いと思います。是非、公営斎場のご利用をご検討下さい。

時間と費用を抑えられる火葬場が併設された斎場

斎場選びの選択肢の一つに、斎場と火葬場が併設されている施設があります。このタイプの施設では、葬儀の後に車やバスを仕立てて場所を移動するという手間がなく、全体の時間を短縮して一連の流れをスムーズにおこなうことができます。同時に、車代などがかからないので、葬儀費用を抑えることにもつながります。一つの場所で、ご安置・お通夜・告別式・出棺・火葬・食事・お骨上げ・初七日法要までができる場合が多く、参列者の負担が少ないということが最大のメリットとなっています。このような施設は公営で運営されていて、どちらかというと葬儀のバリエーションが少なく、個人個人の希望に丁寧に応えらえないこともあります。そのため、家族葬や小規模なお葬式に適しているといえます。また、火葬場はあまりにぎやかな街中に作られることはなく、交通の便がよいところでないことが多いことからも、参列者が大勢いるようなお葬式には向いていないとされています。

斎場は駐車場がある場所を利用すると安心できる

斎場を選ぶときに、駐車場がある場所にしないと利便性が悪いです。自家用車で斎場まで来る人も存在をするので、駐車できる場所を選んだほうが安心できます。周辺にコインパーキングなどがあるケースもありますが、全く駐車できるスペースが用意をされていないと、遠方から来る人には不便に感じる可能性が高いです。 斎場に駐車場があれば参列者は無料で利用できると考えられますから、コインパーキングなどを利用するよりも負担が減るメリットもあります。駐車できるスペースが狭いような場所ですと、参列者の一部が利用できないようなリスクもあるので、事前にどの程度の車両が駐車できるのかを確かめておくと安心できます。 斎場によっては事前に乗り合わせなどの要望を伝える所もありますから、そのような場合はできるだけ参列者で同じ車両を利用するのが大切です。社葬にも対応されている所を利用すれば、一般葬などの規模であれば駐車スペースで困ることはないと考えられます。

設備の整った斎場のメリットと選ぶ際のポイント

一般葬や家族葬から社葬、自由葬などまで様々な葬儀をすることが出来る斎場がありますが、葬儀をするのであればやはり設備が整っているところを利用するべきかと迷っている人もいるのではないでしょうか。一般的に斎場には公営のものから民営のもの、それに宗教施設まで様々なところがあります。かつては自宅で葬儀をすることも多かったですが、最近ではそのようなケースは減っています。一般的に選ばれることが多い公営・民営の斎場や宗教施設、それに地域の集会場などの中で最も設備が整っているのはどこかといえば、やはり民営の斎場です。それぞれの自治体所有の公営式場や、公民館などは費用を抑えて利用できる傾向があります。そのためその地域の人が費用をかけずにお葬式をしたい場合には適しています。民営の式場は、公営のものと比較すると利用料が高めとなる場合が多いです。しかしその反面、こちらの方が充実していて便利に利用できるのが魅力です。

斎場までの交通アクセスを参列者に伝える重要性

家族が亡くなれば家族葬をするにしても一般的な葬儀をするにしても、親族や友人などに連絡をする必要があります。その時にお通夜や告別式の場所や時間も知らせることになりますが、斎場への交通アクセスを伝えることも大切なことです。 近隣の方々なら斎場がある場所も行き方もわかっているのでその必要はありませんが、遠方から訪れる親せきや友人などその斎場のことを知らない方々の参列も多いの、場所と交通アクセスも伝えるようにします。 車で来る場合はナビがあるので、ナビに従ってくることはできますが、中にはナビで案内できない場所があったり通りにくい道を案内される場合もあります。そのような案内が出る可能性があるような場所なら、車で来る場合でも知らせることが勧められます。 斎場は一般的に街中から離れたところにあることが多いので、駅まで送迎バスがある場合もあります。そのようなバスがある場合も、どこにいつ迎えのバスが行くのかを伝え漏れのないようにします。分からないまま来て葬儀に遅れたり参列できないようなことがないようにすることが大切です。

奈良市の新しい斎場の建築用地購入をめぐる民事訴訟事件

本来の斎場は、祭祀や儀式を執り行った神聖な場所を指していましたが、中世の日本において死を穢れとして忌み嫌う触穢思想へと発展した事で葬儀を執り行う場所の意味を持つ様になりました。
その為、斎場は、通夜や告別式を実施するだけでなく火葬する場として一般庶民からも忌み嫌われる場となり、地域住民の反対などを受けて新しい施設を建設する為の用地が見つからないのが現状です。
奈良市では、100年以上運用してきた奈良市白毫寺町の東山霊苑火葬場の老朽化を踏まえて新斎苑の整備事業が市議会で決定され、建築用地の購入が早速行われました。
しかし、奈良市の中川げん市長は、不動産鑑定で約5,100万円の評価を受けた土地を約1億6,800万円で購入したとされ、地方自治体法に基づく損害賠償を請求する民事訴訟事件に発展しています。
結果的には、住民側が勝訴して、仲川げん市長と地権者など3人に1億1,640万円の高額な賠償命令が下されました。

身体障害者も利用しやすいバリアフリー設計の斎場

斎場は、地方自治体や各施設によって葬儀を行う喪主が身体障害者の場合には、条件を満たし正規の手続きを申請した場合に限り火葬場使用料を除く使用料金を割り引いてくれます。
葬儀は、国民健康保険加入者なら5万円?7万円の葬儀補助金が貰え後期高齢者保険加入者なら3万円?7万円の葬儀補助金が貰えるので忘れずに申請すべきです。
また、協会けんぽや健康保険組合の加入者なら埋葬料及び家族埋葬料として上限5万円が支給され、国民年金加入者には保険料納付期間に応じた定額が死亡一時金として支払われます。
老朽化している斎場は、出入り口に段差があったり廊下が狭いなど車椅子で利用するには不都合な箇所が多く難儀でした。
新しく建設された斎場は、身体障害者や高齢者の円滑な移動等を考慮したバリアフリー設計となっており、車椅子利用者が1人でも気軽に利用できるエレベーターや段差解消器などが設置されすべての人が使いやすい施設になっています。

斎場の建設にあたっては住民反対運動が発生することも

斎場の建設にあたっては住民反対運動が発生することもあり、丁寧なコミュニケーションを求められる場合があります。
特に火葬場との併設にあたっては地元自治体への申請もさることながら地権者への説明だけでなく、近隣住民に適切に対応していかないと大きなトラブルに発展するリスクがあるからです。
もちろん斎場自体は地域に必要とされるものではありますが、人口が徐々に減少していく中に置いては集約するという方法も一つの手段といえるでしょう。
新たに立地することが数十年以上有効に機能するのか、という観点を人口動態とも照らし合わせて判断しなければなりません。
もし反対が起こりやすそうな兆候があるようであれば無理に建築を勧めずに統合や買収などの別の手段を講じることで、大きな経済的負担を回避できます。
また近隣の同じような事業体と連携して対応について模索していくということも、大切なポイントです。仮に予約が満室の場合に、調整機能を果たすからです。

コンパクトな斎場で執り行える家族葬について

かつて日本は冠婚葬祭をとても重視する民族でした。冠婚葬祭はある種お祭り的な要素が強く、どの人も非常にお金をかけていたのです。
地方山間部では人がたくさん集まれるのは冠婚葬祭でしかなく、このタイミングを楽しみにしている人も居たほどなのです。
そこで社交やコミュニケーションが行われていたのもまぎれもない事実です。しかし現代ではかつて行われていた葬儀は影を潜めています。
一般葬で盛大に執り行うのが当たり前だったのが、今ではよりコンパクトに小規模で葬儀をと行うのが人気であり、家族葬を選択する人が多くなってます。
家族葬は斎場の会場もコンパクトであり、参列する人も身内や親族などごく限られた人数で行います。斎場の費用の他、香典返しや食事の準備をすることもないのでよりコストカットが出来て人気があるんです。
最近ではよりコンパクトな直葬を選択する人も多くなってます。直葬であればご遺体が直接火葬場に運ばれていき、そこで簡単な読経をし葬儀は完了します。

斎場までは送迎バスが出ていることが多くなっている

葬儀には遠方に住む親戚が訪れることも少なくありません。田舎から都会に初めて出てくる人も居ることでしょう。慣れていないところへの移動はとてもストレスがかかります。
道に迷ってしまうこともあるため、斎場までは送迎バスが出ていることも多く安心です。それに、斎場は駅付近に設けられていることがほとんどないことから、駅を利用する人にとってアクセスに不便なこともあります。このような理由から無料の送迎バスが出ているというわけです。
遠方から来訪する親戚などにはアクセス方法について、事前に説明しておきましょう。そうすれば安心です。ただし、人数制限が設けられていることもあります。
何人で訪れるのか、場合によっては一台に乗り切れないこともあるので注意が必要です。葬儀会社に二台出してもらうか、時間をずらして送迎してもらうか確認しておきましょう。
当日、滞りのないようにするためにも葬儀会社とはよく打ち合わせをしておくことが大事です。

斎場では無料の生前葬相談を行っています!

院生百年時代と言われて久しくなりました。日本はこれだけ長生きする人が多く、九十代や八十代まで長生きする人が多くなっているのです。
長生きできると命が永遠に尽きることはないと錯覚さえ死してしまいます。ところが人には寿命があって、百歳まで生きられないことも多く人それぞれ死期も違うのも事実なのです。
そこで定年退職や古希、喜寿などを迎えたタイミングで自分の葬儀について真剣に考えてみるのも大事です。例えば自分で葬儀やお墓、霊園の手配をどうしていいのかわからない場合には、斎場が開催している無料の相談会に参加してみるのも良いでしょう。
斎場では一般葬や家族葬、直送のほか生前葬の相談も受け付けているのです。また霊園や墓石店との連携なども行っているので、セットのプランを提案してもらうことも可能となっています。
いつまでも頭も肉体も健康であるとも限りません。元気なうちに相談しておくことは何よりも大事であると言えます。

手すりやスロープが設置されているか斎場選びの際に確認を

人生には冠婚葬祭を経験することがあります。特に葬儀に関しては、親族や会社関係者などの死に触れて葬儀に参列しないといけないこともあるのです。
多くの場合訃報が急に入ってきてあわてて参列したり、遺族は急なことであるにも関わらず早急に葬儀の段取りをしなければなりません。
このようにいざときに、遺族が一番多忙を極め肉体的にも精神的にも追い詰められてしまうことになります。遺族に迷惑をかけたくないならば、ある一定の年齢を迎えた場合に、自分の葬儀や斎場選びをしておくことも大事になるのです。
斎場にはたくさんの幅広い年齢層の参列者がやってくることになります。特に高齢者が斎場に行くことは足腰が悪く、非常につらいことにもなりかねません。
そこで斎場選びは、手すりやスロープの有無、多目的トイレや休憩室がきちんとあるのかを確認することも大事になります。そして駅から立地が近く、送迎バスなどが定期的にピストン運航していることも大事なのです。

斎場は高齢者に配慮したつくりのところを選ぼう

人は必ず死ぬ瞬間を迎えます。これは自分がどんなに避けたくても、避けることのできない事象であり、それを受け入れるしかありません。
特に最近は日本では人生百年時代と言われており、いつまでも永遠の命があるように感じている人も少なくありません。
しかしいつ病気やケガ、事故や事件に巻き込まれて命を落とすかもしれず、人それぞれに寿命もあるので、ある一定の年齢に達した時点で自分の死や葬儀について真剣に考える機会をもつことも大事です。
斎場選びは特に慎重に行わなければなりません。最近は高齢で亡くなることも多く、参列者も当然八十代や九十代の人になってきます。
こうした高齢者が斎場で転倒やケガをしてしまわぬように、手すりやスロープが設けられていたり、バリアフリー仕様になっているほか多目的トイレなどが設置されておるかをよく確認し斎場選びをしなければなりません。加えて駅から立地が近かったり、送迎バスなどがあることも確認が必要です。

斎場と霊園が提携しているところが便利です

人生百年時代と日本は言われています。これだけ日本人が長生きしている理由はいくつか考えられます。まず国民皆保険で高度な医療が隅々まで行き届き、がんであっても初期であれば完治が難しくなく寿命が延びているとも考えられます。
食生活や運動習慣も改善したことも健康長寿につながっているのです。しかしいつかは必ず死を迎える瞬間があります。
そして恋憂いになればなるほど、」自分で葬儀や霊園、斎場選びは困難になり冷静なはんだができなくなっています。
そのため定年退職や古希などのタイミングで一度斎場や葬儀のプランニングを行ってみることをお勧めします。近くの斎場では最近無料の相談会も実施しています。
特に霊園と提携していたり、墓石店と提携しているところであると一気にプランができてしまい時間短縮も可能となり利便性も高いと言えるでしょう。セットで予約したりすることで料金も割引になるなど特典もあるのです。先に費用を全額払い込みもできます。

斎場は家族葬や直葬に配慮しコンパクトな会場も用意

現代の冠婚葬祭に関する価値観は大きく様変わりしています。かつての日本、具体的には昭和の日本では冠婚葬祭は清谷執り行うのが当たり前という文化がありました。
そのためにお金をたくさんためて参列者をたくさん招く一般葬を行うのが当たり前だったのです。
宮型霊きゅう車など金装飾がゴージャスな霊きゅう車も見られ、葬儀は一種お祭りの様な雰囲気もありました。
現代ではこうした冠婚葬祭にお金を潤沢にかけられる家は少なくなっています。デフレ経済が長引き、国民の所得も減少してしまっているので、お金を葬儀にかけるなど持ってのほかなのです。
できるだけコンパクトに節約志向で葬儀を行いたいとする家庭も多く斎場では、こうしたニーズにこたえるべく家族葬や直葬に対応できるコンパクトな会場を備えているのです。
斎場ではほかにも様々な宗教や信教に対応できるような造りにもなっています。自由葬と言って宗教にとらわれない自由な発想で行える葬儀にも対応できます。

斎場を探す

新宿区 斎場

新着情報

◎2023/9/22

情報を更新しました。
>斎場では無料の生前葬相談を行っています!
>手すりやスロープが設置されているか斎場選びの際に確認を
>斎場は高齢者に配慮したつくりのところを選ぼう
>斎場と霊園が提携しているところが便利です
>斎場は家族葬や直葬に配慮しコンパクトな会場も用意

◎2022/11/16

情報を更新しました。
>奈良市の新しい斎場の建築用地購入をめぐる民事訴訟事件
>身体障害者も利用しやすいバリアフリー設計の斎場
>斎場の建設にあたっては住民反対運動が発生することも
>コンパクトな斎場で執り行える家族葬について
>斎場までは送迎バスが出ていることが多くなっている

◎2022/1/17

情報を更新しました。
>葬儀の際、公営の斎場は便利で費用も明朗です
>時間と費用を抑えられる火葬場が併設された斎場
>斎場は駐車場がある場所を利用すると安心できる
>設備の整った斎場のメリットと選ぶ際のポイント
>斎場までの交通アクセスを参列者に伝える重要性

◎2021/6/23

持ち込み不可能なもの
の情報を更新しました。

◎2021/4/14

斎場は控室も重要
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「斎場 プラン」
に関連するツイート
Twitter

返信先:確か故人を偲ぶみたいなとき(画面に故人の人生流れたりする時間)だったような?? 多分これは斎場プランにもよる気がします 友人も知人の葬儀に故人の好きだった曲流れていたらしいので流せないことはないかと

葬儀前に一番知りたい事 全部でいくら掛かるのか? 当社は事前相談時に総額見積を作成可能 まず葬儀プランの決定  参列者の人数で返礼品と料理の数 喪主花の数 納棺の儀 公営斎場料金 お布施 打合せの仕方で総額見積は簡単に出せる 当然のサービスだと思う 🍨

いま親父の通夜の打ち合わせやら何やらしてるんだけど、この斎場はビールがサントリー。 個人的にはキリンとアサヒは苦手なので良かったのだけど、あいプランさんだったらサッポロビール だったりしたんだろうかとふと思った。クラシック飲みたい。 ちなみに親父はキリンが好きだった。

CM等の電話で問い合わせしても実際は近くの提携斎場へ…どこの斎場でも基本「ご予算は?」と聞かれ10万程でと応えると多分15万以上の基本プランか、対応無い場合はお断りされ。逆に50万とか言うと最低が75万辺りを出して来ます。そうですパンフレットは複数存在します。参考までに

斎場より帰宅 最近は葬式と一緒に初七日法要もすることが多くなってきたので いっそのこと自分の時はまとめて四十九日法要までやっちゃう極楽浄土RTAプラン(カテゴリ:any%TAS)で参列者の負担を減らしてほしい 完走した感想は枕元に立って報告するわ